メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

ホップステップエイジング

パスワードはどうしてる? 

2022年06月25日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



ネットバンキングやクレジットカード会社の管理ページなどをはじめ、ネット上で利用できるサービスが多様になるほど、それぞれのアカウントを守るためのパスワードの取り扱いがナーバスになってきています。
いろんなサイトにIDやパスワードの設定が必要で、たくさんあってごちゃごちゃになったりします。
簡単な文字列やすぐに連想されてしまうようなパスワードでは、もしそのパスワードを破られてしまうと大きなダメージにつながってしまいます。
気を付けたいことは・・・。
?@ 個人情報の一部を使うパスワードの一部として使いがちなのが、自分や家族の名前、生年月日、車のナンバープレート、住所などでしょう。
A 誕生日をつけるのは覚えやすいですが、推測するのも簡単。自分以外の、例えば姪っ子の誕生日なら大丈夫ということはないので注意。
B 辞書にある単語を使う
好きな言葉を英語やフランス語にしてパスワードに使っていませんか?
?辞書にある言葉はすべてコンピューターにとって推測しやすいパスワードです。
C アルファベット小文字のみ、?小文字のみの6桁のパスワードは10分でハッキングが可能だとい言います。
D 同じパスワードを使いまわすとか以前に使ったパスワードを使いまわすのも危険です。?E 短いパスワードを使う
F よくあるパスワードを使ったり、多くの人が使っているようなパスワードも避けましょう。
あるある!そんな経験はありませんか?
?人間にとって覚えやすい言葉は、攻撃者にとっても推測しやすい言葉になります。
そんな中、効果的なパスワードの作り方の紹介がありました。
英字、数字を含む8文字以上のパスワードを設定する必要があった時です。
仮に自分の名前が「花子=hanako」、誕生日が「12月15日」だとします。
作成するには、英字1文字目+数字1文字目+英字2文字目+数字2文字目と英字と数字を交互にしていきます。
出来上がったパスワードは「h1a2n1a5ko」です。
全角の英字を含む場合は、1文字目だけ大文字にするとか応用できます。
パスワードを覚えていなくても、3回以内に思い出せるようになっています。
その他「好きな文章を作って頭文字を文字列にする」
例えば「私は静岡生まれです」という文章を作ったり「好きな人やアーティスト、歴史上の人物などから選び、それを「Watashi ha sizuoka umare desu」といったように日本語で考え、それをローマ字に変換し、それぞれの頭文字をつなぎ合わせるといった具合に。 いかがでしょうか?
本当は記憶しておくのが基本ではありますが、忘れてしまっては元も子もありません。
推奨こそ出来かねますが、紙のメモは確実だと思いますね。
?

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)





この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ