メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

「日米同盟」時代で変化するのも必要 

2019年08月14日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



トランプの「日米同盟批判」を軽視するな

 ☆米国の議会もマスコミも同盟の片務性を衝く
 *カネと場所の提供なら傭兵と同じだと
 ☆日米同盟
 *アメリカの国民や軍隊が日本の領土領海の1KM外で攻撃を受ける場合
 *アメリカを助ける防衛行動はとらないことを宣言している
 *カネと場所は供する同盟は、傭兵と同じ
 (外国人の軍隊を自国の防衛に使うフランスの外人部隊と同じ)
 ☆アメリカ側が批判しても不思議はない

日本の憲法9条不要と米国紙が2年前に
 ☆日本には、自国が直接に攻撃を受けていない状態でも
 *共同の軍事行動に参加できる軍隊が必要
 ☆アメリカのトランプ大統領が発した、日米同盟の不平等批判
 *アメリカは、日本が攻撃されれば、日本を支援する
 *日本は、アメリカが攻撃されてもなにもしない不公正
 ☆これは、トランプ大統領の言葉ではない
 *2年以上も前ウォールストリート紙が、社説で述べてる文章の引用
 ☆アメリカ側には、トランプ大統領以外にも、日米同盟を批判する声が多い
 *日米同盟での片務性を不公平
 *日本に善処を求める声が、広範に存在している
アメリカは、日本の防衛ただ乗りを批判ヘ
 ☆アメリカが、日本の尖閣を含む防衛を誓約する
 ☆アメリカが攻撃を受けても日本がなにもしない以上
 *やめるべきだとまで主張しているアメリカ議会
 *アメリカ議会では日米同盟の片務性を批判
 *その是正を望む態度は、専門家のコンセンサスだとさえいえる
 ☆アメリカは、東西冷戦が終わった以降に明確となってきた
 *日本の防衛負担が少ない、「防衛ただ乗り」という批判がある
 ☆湾岸戦争では、イラクのクエート軍事占領
 *多数の国が多国籍軍に加わり、軍事行動をとった
 *資金だけだした日本には「小切手外交」いうあざけりが浴びせられた
菅官房長官がトランプ発言について
 ☆「そんな話はない」と一蹴した
 ☆民間では、日米安保関係を専門とするような専門家でも
 *信じられないような反応が起きていた
 ☆防衛大学教授神谷氏が、産経新聞の寄稿で
 *トランプ大統領の発言を「素人判断での日本ただ乗り論」と評す
 *「従来の常識では考えられないような」と断じた
 ☆日本の日米同盟での片務性、ただ乗り
 *アメリカ側では、専門家たちが繰り返し唱えている
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典内容の知識共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介しました
 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します
私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います
詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください
出典、『THEMIS8月号』


「日米同盟」時代で変化するのも必要
(『THEMIS8月号』記事より画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR





20th

女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ