メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

ヨーロッパの世界宗教(宗教の成立7?) 

2018年04月28日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



キリスト教が広まる前のヨーロッパは多神教の世界

ギリシア神話を同化させたローマ神話
 ☆ギリシアの諸ポリスは、マケドニア王国に敗北
 (アレクサンドロス大王の大帝国へギリシャの文化は伝えられた)
 ☆大王死後の混乱期にローマ帝国が登場
 ☆都市国家ローマは、イタリア半島を統一し勢力を拡大する
 (ギリシア・マケドニアは、ローマの属州となる)
 ☆ローマの宗教観は、ギリシア神話の世界をそのまま持ち込んだ
 ☆ギリシア神話の十二神の名前を変えローマ神話の十二神とした
 ☆ギリシア文明同様、ローマ文明も多神教
 ☆ローマ帝国は、エジプトのプトレマイオス朝を滅亡させる
 ☆メソポタミアに接するまで領土を拡大したローマ帝国(属州内にユダヤ人の聖地を抱える)
キリスト教の誕生
 ☆バビロン捕囚などの苦難を経験したユダヤ人
 ☆独立を回復、ヘロデ王のもとで、エルサレム神殿の再建を行う
 ☆ユダヤ人は、統治する難しさもあり、ローマ帝国の迫害を受ける
 ☆多神教としてローマの神々を崇拝するローマ帝国
 (唯一絶対神ヤハウェのしもべたるユダヤ人とは相容れない)
 ☆ユダヤ人のイエス・キリストは、既存の宗教体制を批判をはじめた
 ☆キリストは、体制側から警戒され磔となる(弟子たちによりキリスト教団が成立)
 ☆キリスト教のスタートは、ユダヤ人とローマ帝国の軋礫のなかでの出来事
 ☆ローマ帝国の圧政に苦しんだユダヤ人は、独立戦争を起こし敗北する
 (ユダヤ人はこの時から世界各地をさまようことになる)
キリスト教は、使徒パウロなどの布教で浸透する
 ☆ローマ帝国領内で徐々に信者を獲得していく
 ☆ユダヤ教同様、 一神教であるキリスト教は、当初ローマ皇帝による迫害を受ける
 ☆皇帝ネロの治世下、パウロはローマの地で殉教する
キリスト教発展とゲルマン他教やイス一ムとの抗争
 ☆ローマ帝国の迫害にも耐えながら布教を続けたキリスト教団
 ☆浸透しかけていた世界宗教ミトラ教やマニ教との競争に打ち勝
 ☆ミラノ勅令によリ、ローマ皇帝に公認されローマ帝国の国教となる
 ☆ローマ教会(カトリツク教会)を中心に強固な組織を形成したキリスト教
 ☆多神教で独自の神話をもったゲルマン、北欧、ケルトにも広がっていく
 ☆キリスト教、アラビア半島に興ったイスラム勢力と激突する
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典内容の知識共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介しました
 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します
私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います
詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください
出典、『手にとるように宗教がわかる本』






ヨーロッパの世界宗教(宗教の成立7?)
(『手にとるように宗教がわかる本』記事より画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR



20th
イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ