メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

じいやんの日記

ディズニーリゾート 

2013年04月17日 ナビトモブログ記事
テーマ:日記

ディズニーランドが開園してから30年ですね。
開園した年に家族と見学、浦安からバスに乗った、着いたら、入場制限のために入り口で待たされた思い出。
舞浜駅ができるまでは車で行っても、駐車場は広いが、帰りの道で混雑して大変な思いをした。
家族で楽しめるし、会社の行事や年代を超えた仲間と一緒に遊べる場所である。
出張で幕張駅から毎週2回ほど東京駅・新幹線と移動すり際に舞浜駅から乗ってくるランド帰りのお客、かぶり物に両手に土産・・・うらやましく思いながら、東京駅・京葉線ホームから新幹線乗り場までの15分程度を観察していると、徐々に現実に戻る顔!
かぶり物を荷物に入れて、明日からの仕事の話題に・・・夢の国は、東京駅まででした。
我が家は30年間で子供から孫へと主役が移り変わる。
初期の段階での思い出は、
飲み物、食べ物の持ち込みが制限されているが、弁当を持参し、昼食時に駐車場に出て飲食!
一次退出スタンプを手に受けるのも初経験。
座るところが少なく足が疲れた。
清掃係のパホーマンスに関心。
大晦日の寒さに耐えながら花火を見た。
シーが出来るとアトラクションも高所恐怖症の人も参加しやすいものが増え、飲食も麺類が出来た。
「夢と魔法の国」はやっぱり歳を忘れ周りの目を気にせず楽しめるところです。
横浜、千葉と住居は変わっても1時間程度で行ける範囲にあるのは最高。
30年間の思い出の順序が狂うほど長いもので、その割にすべてに懐かしさより、楽しさが優先する。
私が最も乗った回数が多く、好きなアトラクションは、イッツ・ア・スモールワールドです。
30年前と同じようでもあり、変わったようでもあり、人形は成長してないが飽きない。
25周年記念の鍵型のキーホルダーが今も携帯についてます。



拍手する


コメントをするにはログインが必要です

PR





イベント企画大募集
女子部
上部へ