ナビトモのメンバーズプロフィール

素浪人ken さんのプロフィール

2021/05/14 トシアンドレオ
こんばんは、私が使ってるの取ったに拍手ありがとうございます。縦に置いた段ボール箱が気にいったようです。この後追いかけっこが始まりました(=^・^=)

2021/05/14 ルル.
ブログに拍手をありがとうございます。思い出の中の花が印象的な時もあり、時が経つにつれて花の方をより思い出したりするのは不思議です。優しい色の花に囲まれて過ごせたらいいなと思います(^-^)

2021/05/14 四つ葉
kenさん父の1回目のコロナワクチン接種の付き添いと透明ガラスにピンクのバラを飾る♪に拍手ありがとうございます。父ワクチン接種出来てホッとしています。あともう1回接種何も無く終わればと思います。

2021/05/14 まはろ
素浪人kenさん 変わった虹に拍手有難うございます Naviの方から彩雲と教えていただきました ホノルル別名虹の街と言われて大学のロゴもレインボウ・・です毎日どこかで虹を見ることができます

ギャラリー作品一覧

1件〜10件を表示 (419件)

    No 1
    作品名 みくりが池温泉
    説明 立山黒部アルペンルートの室堂まで降りてくると殆ど観光客になる。
    立山室堂、みくりが池畔にたつ日本一高所の温泉宿「みくりが池温泉」です。

    *ナビともの澪つくしさん(温泉ソムリエ)は室堂にきてまずはこの温泉に…と言っていました。
    みくりが池温泉
    作品の詳細はこちら

    No 2
    作品名 室堂平に下る
    説明 標高2500mの室堂平まで降りてきた。ガス(雲)が発生するので時々視界が悪くなるが残雪を踏みしめながらの歩きは楽しい。

    *北アルプス立山連峰の春山登山記録を投稿しています。
    室堂平に下る
    作品の詳細はこちら

    No 3
    作品名 雷鳥
    説明 雪解けの早いハイマツ地帯に雷鳥の姿を見る。周辺の色に合わせて真っ白から黒色のまだらになり雪がなくなると茶色ぽくなる保護色です。

    氷河時代からの貴重な生き残りで、日本では日本アルプスの一部、高山の草原やハイマツ地帯だけにしか生息していない特別天然記念物ですが、現在絶滅の危機にあります。
    雷鳥
    作品の詳細はこちら

    No 4
    作品名 下山
    説明 立山の主峰、雄山から登ってきたルートで下山開始です。

    *5月の春山登山記録から投稿しています。
    下山
    作品の詳細はこちら

    No 5
    作品名 立山頂上峰本社
    説明 三角点(枠内)のある雄山山頂(3,003m)は北アルプス立山三山の主峰で、岩頭には雄山神社の立山頂上峰本社が鎮座、夏山シーズンには多くの登拝者で賑わう。神主さんがお祓いをしてくれる。

    *立山信仰は「神仏習合」という独特な信仰で広まっていった。 以来、立山は修験者たちの修業の場となったが、江戸時代に活発な布教活動によって参詣目的の登山者が増え庶民化した。
    立山頂上峰本社
    作品の詳細はこちら

    No 6
    作品名 剱岳を望む
    説明 北アルプス立山の雄山山頂から「剱岳」を望む。
    中央眼下から雪の解けた稜線伝いに別山へ続く縦走路が一部筋状に見える。前方奥にずっしりとかまえるのが剱岳です。
    剱岳を望む
    作品の詳細はこちら

    No 7
    作品名 雄山神社へ
    説明 雄山山頂直下、雄山には雄山神社の立山頂上峰本社がある。
    *無雪期は大岩がゴロゴロの急登の岩場だが雪に埋もれている。
    雄山神社へ
    作品の詳細はこちら

    No 8
    作品名 雄山から望む
    説明 立山の雄山から赤沢岳と針の木岳を望む

    *春の立山登山記録から投稿しています。
    雄山から望む
    作品の詳細はこちら

    No 9
    作品名 コンニャクの花
    説明 コンニャクを作り忘れて物置に残っていたコンニャクから花が咲いていた。
    コンニャクの花
    作品の詳細はこちら

    No 10
    作品名 バライチゴ
    説明 「バライチゴ」の真っ赤な実が庭の周辺に目立つ、食べると爽やかな甘みがある。繁殖力が旺盛で増えるため困りもの、茎や葉に小さく鋭い棘が多ので除草のときは皮手袋をする。
    バライチゴ
    作品の詳細はこちら

1件〜10件を表示 (419件)

 




イベント企画大募集
女子部

ブログランキング

上部へ