メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

国民は、皇室「漂流時代」の覚悟が必要(2) 

2022年01月22日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



?国民は、皇室「漂流時代」の覚悟必要(2)?雅子新皇后の「体調の波」への懸念 ☆雅子新皇后に新たに求められるものはない ☆雅子新皇后、療養に入ってからの10数年間 *数百回の「出番」あったはずだったが、三殿で参拝したのは数回 ☆秋篠宮夫妻は「皆勤」に近い厳修ぶり *皇嗣夫妻として、殿上拝に切り替わっても務めを果たし続けた ☆雅子新皇后の「不在」が際立っている *雅子妃は全国赤十字大会に15年ぶりに出席 *美智子皇后から「次期名誉総裁」として参加者に紹介された ☆2019年に入り、軒並み公務を欠席した *勤労奉仕団への会釈などにも依然として姿を見せなかった *「体調の波」は元の”引き波”に戻ってしまったかのようだ?象徴天皇をどう模索するのか ☆平成の明仁天皇夫妻は「戦後慰霊の旅」に先鞭をつけた *平和憲法下の象徴天皇にふさわしい公的行為と位置づけるならば *令和の徳仁新天皇夫妻も受け継いで他の戦地を訪れていくのか *「戦後慰霊の旅」平成の一代限りで終わるのだろうか? ☆美智子皇太子妃の時代には恒例 *皇太子妃の誕生日記者会見・外国訪問会見は途絶したまま *当分「漂流」は避けられないのかも ☆平成の明仁天皇の譲位の意向をにじませたビデオメッセージ *「全身全霊をもって象徴の務めを呆たす」という *積極的・能動的象徴天皇像を模索してきたことを明かした *象徴天皇の務めが常に途切れることなく、 *皇室が、安定的に続いていくことをひとえに念じ譲位の本意を述べた ☆平成の明仁天皇、皇室の「漂流時代」の到来も覚悟し *祈るような気持ちで後事を託す響きがあったように感じられた?新皇后の容態での主治医のコメント ☆「過剰な期待」に釘を刺し予防線を張り続けている ☆依然として皇后の「体調の波」の克服には程遠い状態だ *皇室の存在感が希薄化していきかねない前代未聞の事態 ☆宮内庁は苦肉の策とし、オンライン公務の活用などに踏み切った *本来は現地に出かけることを意味する「行幸啓」 *「行幸啓(オンライン)」「ご臨席(オンライン)」と *形容矛盾の苦しい命名の”サイバー公務”ばかり ☆令和2年〜3年の災害等へのご公務 *行幸啓……全てオンラインだった ☆島根県での植樹祭では、赤坂御用地にしつらえた仮 設施設で *お手植えする天皇・皇后の姿 *現地式典会場の大型ディスプレーに映し出された *植えられた苗本は後日に県に届けられた?「オンライン行幸啓」には新皇后もほぼ全て同席 ☆新皇后、不特定多数の人々と接することが苦手 *長期の旅行を苦手 *オンラインなら負担感が少ないようだ ☆皇后新型コロナ禍による活動激減を奇貨として *「体調の波」を克服するきっかけとなれば何よりだ *かなりの頻度で公務欠席は続いている ☆皇位継承問題と皇族数の減少の危機も抱えるなか *海図と羅針盤なき「漂流」の時代を迎え *存在の稀薄化がいっそう進むのか、楽観視はできない                       (敬称略)                                     ?知識の向上目指し、記事を参考に自分のノートとしてブログに記載?出典内容の共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します?私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います?投資は、自己責任、自己満足、自己判断で?詳細は、出典原書・記事・番組・画像でご確認ください?出典、『日本の聖域』皇室「漂流時代」への覚悟(2)(ネットより画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)





この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR

イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ