メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

武田薬品創業家&株主の反対高まる 

2020年10月18日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



?武田薬品「アリナミン」を売却し30歳以上の早期退職者を募る ☆社長は18億円もの報酬を得る ☆長谷川閑史⇒ウェバーの暴走?要のポジションには外国人配し ☆国内最大手の製薬会社武田薬品工業 ☆武田薬品、格上のアイルランドのシヤイアー買収を成功させた *19年度売上高は、約3兆3千億円に拡大 *世界の製薬会社トップ10へと躍り出た *武田薬品、グローバル企業という肩書きを手に入れた ☆武田薬品では、海外の人材が幅を利かせる *エグゼブティブチーム11人のうち7人が外国人だ ☆武田薬品の決算説明会で、ウェバー社長は胸を張り話す *稼ぎ頭の潰瘍性大腸炎治療薬「エンティビオ」は順調 *新製品の開発も順調に進んでいる *来年七つ新規候補物質の申請の可能性がある *20年度予想の売上高3兆2千500億円を据え置く *武田薬品、コア営業利益は2桁増を見込む ☆武田製品ラインナップを拡充させる方針 *がん、希少疾患、神経精神疾患領域で新薬承認を取得予定 ☆グローバル企業を自認する武田だが、問題は借金の支払い *社債&借入金を合わせると、約5兆1千億円近く *無理な買い物だったという見方が強い *武田は事業の中核から外れた領域を次々と売却 *「アリナミン」を扱う国内一般用医薬品も例外ではなかった ☆ウェバー社長がいい放った言葉に凝縮されている *投資が出来なければキープするのは正しくない *武田は研究開発を主動としたバイオ医薬品企業 *コンシューマー会社ではない?「将来を考える会」の不満募る ☆武田は、国内一般用医薬品部門の子会社 *米投資会社に売却する ☆今後も事業の切り売りが続き、並行して体質改善も続ける ☆武田古参の怒りは収まらない?業績に反した高報酬に批判が ☆武田は、国内ビジネス部門の社員を対象に早期退職募集 *驚くべきことに対象者「30歳以上」の多くの社員対象 ☆武田は、将来を担う幹部を養成する早期育成制度を導入する方針 *グローバル競争を乗り切るには、経験ではなく能力がモノをいう *武田は国内製薬会社では異なる次元に突入している ☆武田創業一族も加わっている「考える会」の抵抗 *『社内取締役報酬の開示』について取り組んでいる形跡がない *『業績評価の透明性強化』ついても大きな疑問が生じる *ウェバー社長の報酬に関して、強い懸念を指摘した ☆ウエバーCEO在任期間のTSR(株主総利回り)は最低 *他のグローバル製薬企業と比較して、唯一マイナス ☆米国では、大企業の8割が「クローバック条項」を導入している *業績を下方修上した場合支払った役員報酬を返還させる条項 *社長がグローバル企業を自認するなら自らその条項を実行すべ ☆ウェバー執行部の独断専行を追及する「考える会」との対立 *深刻さを増すばかり                     (敬称略)?知識の向上目指し、記事を参考に自分のノートとしてブログに記載?出典内容の共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します?私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います?詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください?出典、『THEMIS10月』武田薬品創業家&株主の反対高まる(『THEMIS10月』記事より画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR

イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ