メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

右翼の人物と事件(宮崎滔天氏・井上日召氏) 

2019年12月07日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



宮崎滔天(とうてん)氏

 ☆大陸浪人といわれた一群の日本人がいた
 ☆中国大陸に渡って、一旗上げて名をなそうとした人々
 *アジアでの理想国家の建設に燃えた者たち
 ☆宮崎滔天氏はその典型的な人物であった

孫文と中国革命
 ☆22歳で中国に渡り、中国革命派と知り合う
 *孫文が東京にいることを教えられる
 ☆孫文との出会いが、 滔天氏の人生を変えた
 *中国革命に賭けた孫文の情熱と気迫に圧倒された滔天氏
 *日本人の同志として生涯を中国革命のために捧げようと決意した
 ☆孫文生誕百年を記念する式典が北京で開催された
 *招待された中に、滔天氏の遺児の姿が見られた
命も金もいらない
 ☆西郷隆盛が語っている
 *始末に困るのは「命も金もいらない人間」
 *宮崎滔天氏こそ、この言葉に値する人物だろう 
 ☆世間からも”ボロ滔天”と酷評され、友人知己も遠ざかっていった
 ☆ボロ滔天氏は”本物”だった
 *革命戦線から離脱していく日本人も多かった
 *孫文と終生の友情を結んでいる

井上日召(にっしょう)氏

 ☆血盟団事件と呼ばれるテロ事件が勃発し帝都東京を震撼させた
 ☆政府要人らへの暗殺事件
 *前大蔵大臣が白昼堂々、ピストルで暗殺さた
 ☆テロ実行犯であるされた小沼正と菱沼五郎
 ☆井上日召氏の指導を受けていたことが判明した

特権階級への憤り
 ☆井上日召氏を首領とする暗殺計画の全貌
 *実行計画書には20人近くのテロ対象者の名前が書き連ねられていた
 *政治家や財界指導者たちを恐怖のどん底に突き落とすに充分なものだった
 ☆テロ実行者は3名
 *どのような方法で暗殺するか、綿密な方法がメモされていた
 ☆事件の背景
 *明治以来、政党や財閥などが私利私欲に走った結果、日本経済破綻を招いた
 *農村の窮状に打つ手を持たない特権階級に対する憤りがあった
弱者の声を運動に
 ☆井上日召氏の主張に共感する農村青年や海軍関係の将校は多くいた 
 ☆血盟団のテロ事件
 *特権階級には大きな恐怖と不安を与えた
 *一般大衆のなかには喝采を送る者も多くいた
 *小沼、菱沼には全国から、減刑嘆願書が裁判所に送られて来た
 ☆井上氏は、政財界人の暗殺のみを考える
 *その後の社会への建設案がないとの批判があった
 ☆丼上日召の考え方は「一人一殺」と表現されて伝えられた
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典内容の知識共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介しました
 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します
私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います
詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください
出典、『日本の右翼と左翼がわかる本』












右翼の人物と事件(宮崎滔天氏・井上日召氏)
(『日本の右翼と左翼がわかる本』記事より画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR



20th
イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ