メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

日本での宗教消滅の兆し 

2018年04月25日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



今、日本で宗教消滅の兆しが見られる

日本社会の変容と宗教消滅(新宗教の力が衰え)
 ☆『宗教年鑑』による信者数24年間の推移(平成2年⇒平成26年)
 ☆天理教(約180万人⇒約117万人、3分の2に縮小)
 ☆立正佼成会(約634万人 ⇒約317万人、ほぼ半減)
 ☆創価学会は信者数を世帯数で公表しその数は 827万所帯のまま
 (創価学会の場合信者た所帯には、本尊曼荼羅の模写が授与される)
 (本尊曼荼羅を授与された後、止めたかどうかは、はっきりしない)
 (その数が増えないことは、新しい信者が獲得できていないのでは)
 ☆日本の社会で、新宗教が衰退していても多くの人は何の問題も感じない
 ☆自分たちの生活には直接関係がないから
PL花火の衝撃
 ☆PL花火芸術は大阪の風物詩になるぐらい花火大会としては豪華で派手でした
 ☆以前は、花火大会を見せられた時途方もないとの感覚でしたが、最近は余り感じない
 (花火の打ち上げ本数が大幅に減少していた)
PL教団24年間で信者数半減
 ☆PL教団は経済的に、苦しくなっているのではないかと感じる
 ☆花火は神事として営まれるもので費用は教団側のもち出しです
 ☆PL学園の高校の野球部が廃部の危機にさらされるといるとも
 ☆『宗教年鑑』によるとPL教団の信者数は 24年間で半減している
 (平成2年約181万人⇒平成26年約92万人)
 ☆PL教団は、最近支部の整理を行ってきている(支部は新宗教には重要なもの)
 ☆支部を整理統合するのは、教団の衰退が著しいときの非常手段
 ☆衰退しているのは PL教団だけではとどまらない
本書の目的と意味
 ☆既存の宗教の方も仏教だろうと神道だろうと衰退の兆しは表れている
 ☆日本の宗教全体を見ると日本の宗教は確実に衰退の兆候を示している
 ☆世界をでは、衰退の兆しも見えるが、地域や国によっては盛んなところもある
 ☆宗教には、政治と経済が深く絡んでおり状況は複雑でその点の理解を深める
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典内容の知識共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介しました
 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します
私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います
詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください
出典、『宗教消滅』


資本主義は宗教と心中する(ネットより画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR



20th
イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ