ナビトモのメンバーズプロフィール

koyampi58 さんのプロフィール

2020/07/20 力丸
2020/06/13 天真爛漫童爺
こんなにも小さな花を良くぞ・・・ 素晴らしいです。

2019/06/27 天真爛漫童爺
こんにちわ お誕生日おめでとうございます。 楽しい事一杯の一年をお過ごし下さい☆

2019/06/20 トシアンドレオ
ねじ花初めて見ました。面白い花ですね。

ギャラリー作品一覧

1件〜10件を表示 (152件)

    No 1
    作品名 吊るし柿
    説明  数日前、伊香保温泉の石段街で、お昼に適当な店を探していました。
     横道にそれた所に、木造4階建ての素敵な旅館があり、その窓辺に干し柿がずらり。
     昔懐かしい光景でした。
    吊るし柿
    作品の詳細はこちら

    No 2
    作品名 ゆく水の流れ光りて
    説明 農業用水の底に潜むアメリカザリガニを撮影しようとしたところ、せせらぎが朝日に光り輝き、偶然、こんな幻想的な写真となりました。
    ゆく水の流れ光りて
    作品の詳細はこちら

    No 3
    作品名 役割を終え、なお輝く
    説明 カラスムギ。

    花を咲かせ、実を結び、次の世代を担う種たちを旅立たせて・・・

    役割は終えたけれど、「脱け殻」にはなったけれど、

    花よりもなお気高き純白のドレス。
    役割を終え、なお輝く
    作品の詳細はこちら

    No 4
    作品名 ご用心 アツミゲシ
    説明 最初遠くから見たときは、ナガミヒナゲシの色変りかと思いました。

    わくわくしながら撮影に向かったところ、花の模様も、子房の形も、種の形も、ナガミヒナゲシのものとは違っています。

    ネット検索したところ、アツミゲシという名前で、「栽培してはいけないケシ」だったのです。

    保健所に通報したところ、その日のうちに保健所の職員の方の手により抜き取られ、焼却処分されました。
    ご用心 アツミゲシ
    作品の詳細はこちら

    No 5
    作品名 ヒイラギナンテンの実
    説明 モクセイ科モクセイ属。

    冬に咲いた地味な花が、こんなきれいな実になるとは!
    驚きました。

    ネットには、食べられる、食べられない、両説が入り乱れています。食べた人の感想によると、甘く、リンゴの香りがするとか。

    ヒイラギナンテンの本来の願いは、種を遠くに運んでもらうこと。
    実の処遇は、小鳥たちにお任せすることにしました。
    ヒイラギナンテンの実
    作品の詳細はこちら

    No 6
    作品名 「日本国中ブルーの一週間」 LITE IT UP BLUE JAPAN 2018
    説明 「LITE IT UP BLUE JAPAN 2018」 in Kawagoe

    私の地元の最明寺が青い光に浮かび上がっています。

    * 趣旨などはブログに記載しています。

    http://koro111koyampi.hatenablog.com/entry/2018/04/04/224216
    「日本国中ブルーの一週間」 LITE IT UP BLUE JAPAN 2018
    作品の詳細はこちら

    No 7
    作品名 バラクラの早春の花4 キクザキイチゲ
    説明  ヨーロッパや小アジア出身の花たちに交じって、純国産の花も負けじと咲いていました。
     キクザキイチゲはキンポウゲ科。アネモネの仲間にあたります。
     
     花の裏側に紅をさしているとは、何たる奥ゆかしさ!
    バラクラの早春の花4 キクザキイチゲ
    作品の詳細はこちら

    No 8
    作品名 バラクラの早春の花1 クロッカス
    説明  昨日までの3日間、蓼科に滞在しました。
     友人宅は標高1,100メートルにあるので、昼間は暖かくても夜はぐんと冷えます。
     このため、山野の花たちは、まだ眠っている状態。

     バラクラのイングリッシュガーデンで、儚げな中にも艶やかさをが潜む早春の花たちに会ってきました。

     淡藤色(あわふじいろ)のクロッカス。グラデーションの妙技に息をのみます。
    バラクラの早春の花1 クロッカス
    作品の詳細はこちら

    No 9
    作品名 バラクラの早春の花3 ミニアイリス
    説明  アヤメ科の小さな花。ミニアイリスというのは俗称のようです。
     ニワゼキショウのように背が低いのに、この花はなんと艶やかなのでしょうか。
    バラクラの早春の花3 ミニアイリス
    作品の詳細はこちら

    No 10
    作品名 バラクラの早春の花2 プシキニア
    説明  ユリ科の小さな花。花弁を「白」と言い切ることには躊躇を感じます。月の光のようにうっすらと青みを帯びているので、「月白(げっぱく)」と言っても良いように思います。
     薄花色(うすはないろ)の筋がアクセントになっています。
    バラクラの早春の花2 プシキニア
    作品の詳細はこちら

1件〜10件を表示 (152件)

 


ブログランキング

上部へ