ナビトモのメンバーズギャラリー

条件で調べる

カテゴリ選択
ジャンル選択

前の画像

次の画像

ギャラリー詳細

タイトル 春を食べる C
投稿者 素浪人ken 投稿日 2021/03/13 10:54:39
春を食べる C
説明 「つくし」は頭(穂先)とはかまの部分)が開く前の新しいものを選んで採る。水を変えながらよく洗った後に、はかまを取り除く、頭は苦味があるので取る、取らないは好き好き、kenは苦味と見栄えで取っている。
酢・塩を入れてサッと茹でたら水に晒す。水に晒す時間で苦味は変化する。この様に下ごしらえに手間がかかるが、期間限定の春を感じる山野草料理で、卵とじ・お浸し・油炒め・佃煮風等々。写真は軽く炒めてみた。

前の画像

次の画像



【素浪人ken さんの作品一覧はこちら】

最近の拍手
全ての拍手
2021/03/17
りい
2021/03/15
漫歩
2021/03/14
ニユーゆき3
2021/03/14
八十爺
2021/03/14
都わすれ
拍手数

59

コメント数

2


コメント

コメントをするにはログインが必要です

ノバトさん

家の方には咲いていないので、食べた事がありません。
でも味のつけ方によっては美味しくなりそうですね。は生きてる内にはいつか。。。

2021/03/13 13:05:07

素浪人kenさん

ノバトさんへ、
前回紹介した、比較的皆さんに食べられているセリには毒セリがあります。一般的には匂いや苦味がなどのクセがあるのが多いですが、毒性の多い植物はキノコぐらいで、食べないだけで食べられる植物は多いです。昔は常食していたのが現在は食べないというのが多いですね。

つくしは頭の部分は苦いですが、茎の部分はそんなにクセがなく煮過ぎるとグチャッとなりますが、味付け次第で美味しく食べられます。
山菜は沢山食べるのではなく、春を感じる…ですね。

2021/03/13 16:41:45


同ジャンルの他の作品

PR





イベント企画大募集
女子部

上部へ