ナビトモのメンバーズギャラリー

条件で調べる

カテゴリ選択
ジャンル選択

前のの画像

次の画像

ギャラリー詳細

タイトル 独標頂上
投稿者 素浪人ken 投稿日 2020/07/02 18:27:50
独標頂上
説明 ここ、西穂高岳11峰の独標(2701m)で松本深志高校生の集団登山パーティーに落雷。11人死亡13人が重軽傷という事故に遭遇した。北側に墜落した2人(死亡)はその日に救出できず、南側に墜落死亡した人を含め9人の遺体をこの独標頂上に残し、夜半に重傷者を背負って西穂山荘まで下山したことを独標の頂上に立つ度に生々しく思い出す…。

前のの画像

次の画像



【素浪人ken さんの作品一覧はこちら】

最近の拍手
全ての拍手
2020/07/04
りいきなこむむ
2020/07/04
秋桜
2020/07/04
ものくろさん
2020/07/03
山すみれ
2020/07/03
四つ葉
拍手数

67

コメント数

4


コメント

コメントをするにはログインが必要です

夢人さん

この事故はkenさんも遭遇したんですよね。

私は登頂した時はそんなことは知らずに能天気にしておりましたが

おそらく知っていたら手を合わせていたでしょうね。

前の独標落雷事故の投稿をkenさんがされていたのがきっかけでこうしてコメントできるようになったんじゃなかったかな^^

2020/07/03 00:24:30

素浪人kenさん

夢人さんへ、
そうです、kenは奥穂からジャンダルムを越えてきて西穂の頂上で雷雲による雨に緊急下山を開始していた深志高の集団に合流、そのまま下山中に起きた落雷事故でした。
世界的にも例のない大量の犠牲者が出たことから、当時は広範囲で課題となった事故でした。
忘れてはならないと同期生が中心になって8月1日に慰霊祭を今年も行います。慰霊登山に3年おき位にしていましたが、現在は時々学校での慰霊祭に出席する程度になりました。

2020/07/03 08:36:01

りいきなこむむさん

独標 懐かしいです。
30年ほど前、若かりし頃(?)に登りました。
このような悲しい事故があったとは知りませんでした。
西穂高山荘に泊まり早朝、独標めざして、岩肌に這いつくばりよじ登りました。雲海のかなたに富士山が見えたのを覚えています。
西穂の険しい登山道を、幼子を背負った夫婦が登って行きました。思わず、無事に登頂、帰ってこれますよう願ったものです。

2020/07/07 22:36:55

素浪人kenさん

県下で1,2を競う優秀校の生徒さん、将来を期待できる人材を失いました。忘れられない思い出です。

富士山を遠望できたということは360度、アルプスからのパノラマを感動されたのでしょうね。
思い出は遠くなりますが穂高の大自然は今もその時と同じです。ありがとうございます。

2020/07/07 23:25:31


同ジャンルの他の作品

PR

イベント企画大募集
女子部

上部へ