ナビトモのメンバーズギャラリー

条件で調べる

カテゴリ選択
ジャンル選択

前のの画像

次の画像

ギャラリー詳細

タイトル 独標の登り
投稿者 素浪人ken 投稿日 2020/06/30 09:35:01
独標の登り
説明 〇印のペイントマークから独標の頂上に登る
西穂山荘から〜西穂高岳の稜線には、丸山・独標・ピラミッドピークなど、12以上の峰があり、岩場でのかなりの登りと下りを強いられるので疲労を溜めないように、西穂高山頂までは比較的ゆっくりのペースで歩く。

前のの画像

次の画像



【素浪人ken さんの作品一覧はこちら】

最近の拍手
全ての拍手
2020/07/01
おかちゃん
2020/07/01
つちのえ
2020/07/01
★ベンクル★
2020/07/01
都わすれ
2020/07/01
満月万太郎
拍手数

60

コメント数

2


コメント

コメントをするにはログインが必要です

夢人さん

初めて独標目の前にした時はこんな岩場登ったことがなかったので、どうやって登るのかって思案した記憶があります。

ここで初めて鎖を使っての登りを経験したし、登っている途中には楽しくなっちゃって
登頂すればしたで雲から顔を出した乗鞍岳に感動して今でも忘れることのできない光景でしたね。

この時は独標が目的だったのでその先には行かなかったのですが、その先の下りを見たら足が竦んじゃいましたし絶対にこの先は行かないだろうと思っていましたが翌年にはも西穂高岳チャレンジしておりました^^

この先まだまだ紹介されるのでしょうからコメントここまでにさせていただきますが楽しみですね^^

岩登り大好きで苦しかったっていう記憶がないですね、その前のがれ場はだいきらいですけど^^

2020/06/30 23:31:05

素浪人kenさん

夢人さんへ、
近年、独標までは危険な個所が少ないので、新穂高ロープウエイを使えばハイキング感覚で来る人も多くなりました。雄大なアルプスを堪能できる良いルートだと思います。
ロープウエイに乗ってアルプスを眺めて感動するだけでなく、少し歩くことでその感動の中に入っていける。更に大自然に身をおくことで登山が好きになる、その第一歩になる人も多いことでしょうね。
行程が長いのでこの先は一気に飛ばして行きます(笑)

2020/07/01 07:58:01


同ジャンルの他の作品

PR

イベント企画大募集
女子部

上部へ