読書日記

1件〜5件を表示 (68件)


『人間とマンボウ』 読書日記63 

2022年08月12日 【New!】 ナビトモブログ記事
テーマ:読書日記

北杜夫『人間とマンボウ』中公文庫 本書は1972年11月に単行本が刊行され、1975年12月に文庫化された本をもとにして巻末に新たに2本のエッセイを付した新刊(2022年)である。つまり、根幹は50年前の本である...

記事の詳細を見る

『人工知能に哲学を教えたら』 読書日記62 

2022年08月10日 ナビトモブログ記事
テーマ:読書日記

岡本裕一朗『人工知能に哲学を教えたら』SB新書 書店で見て(人工知能に哲学を教えたら)どうなるのか?哲学の内容は?ということが気になって購入した。 内容としては「どうなるか?」を考えてみようとい...

記事の詳細を見る

『底惚れ』読書日記61  

2022年08月08日 ナビトモブログ記事
テーマ:読書日記

青山文平『底惚れ』徳間書店(図書館) 図書館から借りた本だが、読み始めは主人公にペラペラと喋らせて、これまでの青山氏の文体とは全く異なる書き方なのだが、文調といい内容といい、どこかで読んだことが...

記事の詳細を見る

『脳はすこぶる快楽主義』 読書日記60 

2022年08月06日 ナビトモブログ記事
テーマ:読書日記

池谷裕二『脳はすこぶる快楽主義』朝日新聞出版(図書館) 題名だけ見て図書館に予約したが、何となくの予感が当たって思っていたワンテーマの本とは違う「週刊朝日」に連載されたエッセイ集であった。副題の「...

記事の詳細を見る

『タモリ学』 読書日記59 

2022年08月04日 ナビトモブログ記事
テーマ:読書日記

戸部田誠『タモリ学』イースト・プレス(図書館) 著者によるブログと書き下ろしとが融合した本で、タモリにとって「タモリ」とは何か?という副題がついた1冊。表紙の右上には以下の様な文も書かれている。 ...

記事の詳細を見る

1件〜5件を表示 (68件)

PR



上部へ