メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

ピケティ『21世紀の資本』(トッド絶賛)3 

2022年07月03日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



?ピケティ『21世紀の資本』(トッド絶賛)3?EU主義者ピケティヘの疑問 ☆ピケティは提案は、確かに必要だ *所得に対する課税を改革し、全世界での資本に対する税 *無理なら、ヨーロッパでの資本税を導入せよと ☆ピケティは、それらを市民としての義務感から提言している *その実現可能性を信じていないように思える ☆今回起きていること *ピケティの提案とはまったく逆の事態だ *税率の引き下げ、ヨーロッパ各国間の税負担軽減競争 *資金援助し、資本の政治的な力は強まっている ☆結局、経済という機械を暴力的に停止させる方が望ましい ☆老人には恐ろしいことだろうが *1握りの人々が支配する世界を子孫に押しつけないためには *その方がいい ☆私たち現状を変える針路をとる米国のリーダーを夢見はじめている *世襲財産的なヨーロッパでは、自分たちがすでに *「第三次世界大戦」(経済戦争)にいることを認識していない?歴史家への挑戦状 ☆ピケテイは、20世紀の危機が資本を制御したことを解き明かした ☆しかし下記の点の問題提起しなかった *なぜナショナリズムが昂揚したのか *なぜ戦争が起きたのか *なぜ年金生活者は自殺に追い込まれたのか等 *心性の力学はブラックボックスのままだ ☆ピケティが比較に基づく厳密な社会経済的な枠組みを通じて *現代史を描き出したことは確かである ☆ピケテイは、歴史家たちにこの枠組みをわがものとし *残された疑問を解明してみろと挑発している                      (敬称略)                                     ?知識の向上目指し、記事を参考に自分のノートとしてブログに記載?出典内容の共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します?私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います?投資は、自己責任、自己満足、自己判断で?詳細は、出典原書・記事・番組・画像でご確認ください?出典、『老人支配国家日本の危機』

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)





この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ