メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

通貨ユーロが欧州のデモクラシーを破壊する(1) 

2022年06月27日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



?通貨ユーロが欧州のデモクラシーを破壊する(1) ☆ユーロ創設は仏政治家が犯した史上最大の失敗?「親EUと反EU」の対立構図に変化が生じる ☆ヨーロッパ主義者の地域主義に対する態度が変化している *従来、EU統合に賛成する人ほど、地域主義に好意的 *EU統合に反対あるいは慎重な人ほど、地域主義に批判的 ☆その理由は *EU統合は、上から国民国家を脅かす *地域主義は、下から国民国家をつき崩すから ☆今回、EU統合派であるほど、 *カタルーニャの分離独立の動きに批判的 *EU統合懐疑派の方が寛容的、好意的態度を採っている?”牢獄”のようなEU ☆変化が生じている原因 *EUは、緩やかな国家連合ではなく *国家から主権を奪いそれ自体が中央集権化したから ☆「反国家」のニュアンスを帯びるはずの地域主義 *「反EU」の意味を持ち始めた ☆単一通貨ユーロや画一的なEU政策 *緊縮財政を各国に中央集権的に課す *強力なヒエラルキー構造を持つ政治空間の存在 (EUが″牢獄″のような存在になった) ☆カタルーニャの動き *EU統合派から見れば、「不服従」の意味合いを持つ *EU統合反対派から見れば、「理のある抵抗」となる *スベインは、もはや「EUの一地方」である *「主権国家」として存在していない ☆現在のヨーロツパは痙攣麻痺状態で、英国がEUから逃げ出した *カタルーニャも、ユーロ圏の一地方のスペインから逃げ出すのでは *EU統合派も、かってなら味方をしたカタルーニャの分離独立運動 *恐れをなし、高圧的に批判する?欧州はユーロとともに死滅しつつある ☆諸悪の根源は、通貨ユーロ *現在のヨーロッパの問題は、すべてユーロに起因している ☆EUは「単一通貨ユートピア」を生み出した *ヨーロツパは一枚岩に見えるかもしれないが *実態は、家族形態、言語、宗教、文化などは地域ごとに相当異なる ☆多様な社会に単一通貨を導入しても、機能しない ☆マーストリヒト条約の間違いの元は「貨幣信仰」にある *「弱肉強食の世界」が生まれた ☆ユーロの根本的な欠陥 *各国が、経済上、人口動態上、多様化している時代 *通貨による強引な統合を強制したことにある                      (敬称略)                                     ?知識の向上目指し、記事を参考に自分のノートとしてブログに記載?出典内容の共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します?私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います?投資は、自己責任、自己満足、自己判断で?詳細は、出典原書・記事・番組・画像でご確認ください?出典、『老人支配国家日本の危機』通貨ユーロが欧州のデモクラシーを破壊する(1)(ネットより画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)





この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ