メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

宗教と現代社会2(政治:アメリカVSイラン、ロシアクリミア併合他) 

2022年05月16日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



?対立が続くアメリカとイラン?二国間の対立はイラン革命で決定的に ☆アメリカとイランの対立の契機となったのが *石油利権をめぐる争いを経て起きたイラン革命 ☆イラン革命 *世界で進行していた宗教の世俗化と逆行する形で *イスラム主義に”戻った”革命であった *最高指導者ホメイニ氏は、反米路線を展開 ☆翌年アメリカは、イラクを支援する形でイランに侵攻 *イラン=イラク戦争が起き、イランの核開発で関係が悪化した *イラン=イラク戦争は、中東を舞台にした”代理戦争”となった ☆イラン=アメリカをめぐる他国との構図 *アメリカ、スンナ派のサウジアラビア、イスラエル陣営 *シーア派のイラン、イラク、シリア ☆シリア内戦やイエメン紛争が勃発した?ロシアのクリミア併合で正教会にも亀裂?ロシアにクリミアが重要な理由 ☆2014年、ウクライナの領土クリミアをロシアが併合 *武力による領土変更は、世界から批判を集めた *ロシアにとり、クリミアを獲得は地政学的なメリットがある ☆宗教・文化的にクリミアは、ロシアにとり重要な地だった *ウクライナは東スラブ民族の初の国家 *キエフ公国が成立した地 *同国の大公は、クリミアで洗礼を受け *東方正教会を国教に定めた ☆プーチン・ロシア政府にとり *ロシアの”発祥地″クリミアを併合することは宿願だった?ウクライナとロシアの対立は、正教会の分裂も生む ☆宗教でもロシア離れを図りたいウクライナ *統治下にあったロシア正教会からの離脱を請願 *東方正教会の筆頭権威が認めたことで *ロシア正教は反発し、総主教庁との関係断絶を宣言した?イスラム過激派の誕生?9・11がアメリカで発生 ☆テロ組織としてのアルカイダとイスラム国(IS) ☆アルカイダは、ソ連が侵攻したアフガニスタンに集まった *イスラム義勇兵・ムジャヒデインから派生して誕生した *ソ連撤退後、オサマ・ビンラデインを中心に反米感情を強める *世界のムスリムにジハードを呼びかけ *アメリカ同時多発テロを主導した ☆アルカイダから分裂、イラク・シリア地域で国家樹立を宣言したIS *lSは油田という豊富な資金源を確保 *ISは徐々にアルカイダを上回る影響力をもつ ☆多くのムスリムは平和を望んでいる *移民先で疎外感を感じるイスラム系移民などへ *布教により一部の過激派が生まれているのが現状                       (敬称略)                                     ?知識の向上目指し、記事を参考に自分のノートとしてブログに記載?出典内容の共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します?私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います?投資は、自己責任、自己満足、自己判断で?詳細は、出典原書・記事・番組・画像でご確認ください?出典、『宗教と世界』宗教と現代社会2(政治:アメリカVSイラン、ロシアクリミア併合他)(『宗教と世界』記事より画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)





この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ