メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

創価学会(名誉会長「不在」で「一族排除」か) 

2022年01月26日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



?創価学会(名誉会長「不在」で「一族排除」か) ☆公明党も人気取りの「10万円給付」に懸命 ☆公明党、議員の不祥事続出で大揺れ?創価学会、池田氏の存在より受験生集め ☆聖教新間は、池田夫妻の創価大学キャンパスを車で視察と報じた ☆池田氏を批判してきた月光部隊メンバーは述べる *池田夫妻は創価大学の視察した *東京牧口記念会館で勤行したと伝えられている *本来は、記念館勤行を大きく扱うはず *現在の創価学会にとっては池田大作の存在より (創価大学へ受験生を集めることの方が大事だ) ☆創価学会古参学会員はコメントする *池田先生がもはやメッセージを発せられる状態でないこと *学会員の間でも常識となっている *池田先生が推進してきた座談会や教学の研鑽 * 一対一の個人指導を見直すべきときに来ている?公明党議員に在宅起訴や追徴課税が続発中 ☆公明党議員による不祥事が絶えない *公明党の遠山元衆院議員の銀座の高級クラブ利用等の問題 *党選対委員長の高木陽介氏の公設秘書税務調査を巡り (「消費税の還付」求める会社側の要望で、国税当局に行っていた) ☆国税関係者は述べる *高木氏は『不当な働きかけはしていない』と述べているが *公設秘書を辞めさせており、口利きしたと思われても仕方がない *公設秘書が独断で国税当局に掛け合ったというのは不自然 ☆遠山氏も高木氏も共に創価大学出身の政治家だ *これは創立者である池田氏の顔に泥を塗る行為である ☆公明党の斉藤国交相に、有権者買収疑惑も浮上した?衆院選で議席に伸ばした公明党 ☆政権与党内で発信力を強めている ☆自民党のベテラン議員は語る *先の衆院選で自民党議員の80%以上 *創価学会票の世話になっている *正面切って公明党の公約に反対できない ☆公明党は比例代表で711万票を獲得した *選挙区数で割れば、各選挙区平均で2万5千票 *自民党候補は創価学会票がなければ、当選できない ☆公明党が強引に「年内給付」を主張したのは *「学会員による財務への期待」との見方も強い?池田氏の長男も三男も行事に姿見せず ☆創価学会も「ポスト池田」の方向性を示せず後継者も育っていない ☆池田氏の長男・博正氏、三男・尊弘氏 *学会の重要行事に姿を見せていない ☆現執行部は、池田ファミリーを排除しているとしか思えない ☆今年、創価学会は曲がり角に来ている                       (敬称略)                                     ?知識の向上目指し、記事を参考に自分のノートとしてブログに記載?出典内容の共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します?私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います?投資は、自己責任、自己満足、自己判断で?詳細は、出典原書・記事・番組・画像でご確認ください?出典、『THEMIS1月号』創価学会(名誉会長「不在」で「一族排除」か)(『THEMIS1月号』記事より画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)





この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR

イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ