メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

大嘗祭への疑問(政治の怠慢と皇室の危機感)2 

2022年01月26日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



?大嘗祭への疑問(政治の怠慢と皇室の危機感)2?憲法の理念との乖離を案じる皇室 ☆平成の即位の礼・大嘗祭 *公費支出差し止めを求める違憲訴訟が起こされている ☆大阪高裁判決 *剣璽も高御座も宗教的な要素を払拭していない *憲法に違反する疑いを一概に否定できない *政府に改善の検討を促した *天皇と首相の上下関係 (憲法の趣旨に相応しくない点がなお存在している) ☆政府の「式典委員会」 *即位の礼について会議を開いたのは即位後3回 *延べ1時間余りで平成の式典の前例踏襲を確認しただけ ☆秋篠宮が大嘗祭について疑問を投げ掛けた *宗教色が強い行事、国費で賄うことが適当かどうか *出来る範囲で身の丈に合った形で行うの姿で行うのが必要 *天皇家の私的生活費の内廷費を充てるべきだ *大嘗祭は、宗教的性格のため国事行為から外されている ☆今回、特例で「退位の自由」を認めた *「即位しない自由」も認めないわけにいかない *秋篠官が皇位継承から外れれば、 *大嘗祭の祭主は長男の悠仁親王になる?大嘗祭を大幅に縮小する考え方も必要 ☆皇室のあり方の根本に反省を迫っている ☆大嘗宮は天皇一代、 儀式終了後は撤去される *本来は三日ほどで建てる簡素な小屋だった *大正、昭和両天皇の時、対外戦争推進へ *大元帥天皇の神格化を企てて、軍と政府の方針で人目を驚かすため *一挙に巨大化した経緯がある ☆現在の憲法下で初めて行われた平成の時 *本来の姿に立ち戻るべきだった *秋篠宮の提起は、明治維新以来の特異な近代天皇制の歴史 *現在の皇室が肯定的に見ていないことの表れでもある?象徴天皇制の安定的継承への危機感 ☆象徴天皇というあり方、上皇は実践と将来への洞察に基づき *天皇本来のあり方は象徴であり *明治・昭和の天皇制は例外に属する歴史観を示唆してきた ☆大嘗祭は大事な祭祀として尊重するべきだ *伝統を存続させていくためにも過去百年余りのやり方 *変えていかなければならないと上皇な述べている ☆国政に権能を持たない明仁天皇が自ら退位を言いだし *退位特例法を事実上制定させたのは *高齢に伴う引退ではなく、象徴天皇制の安定的継承の体制 *整えるには最の潮時だという切迫感があり *それが譲位の目的でもあった ☆政府は、安定的な皇位継承を確保するための諸課題 *皇族方の御事情等を踏まえ、整合性が取れるよう検討を行い *結果を速やかに国会に報告することだ?皇統問題でも動かなかった安倍政権 ☆男系男子継承が伝統としても *皇室そのものが早晩消滅する可能性が高いなら *女系・女性天皇を認める歴史的決断もしなければならない時だ *民意も容認論が大勢は、女系・女性天皇を認めている ☆安倍政権は断固として動かなかった *皇室が生き残るには再び、生前退位と同じような *国政への関与という離れ業に訴えなければならないのだろうか?菅首相の東京五輪開会式 ☆天皇陛下が開会宣言を述べられた際、起立しようとしなかった *「誰も言つてくれなかったんだよ」と弁解をした *東京五輪開会式安倍元首相は欠席 ☆皇族を長敬していない政治家たちに *皇室の将来など決められるはずもない                       (敬称略)                                     ?知識の向上目指し、記事を参考に自分のノートとしてブログに記載?出典内容の共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します?私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います?投資は、自己責任、自己満足、自己判断で?詳細は、出典原書・記事・番組・画像でご確認ください?出典、『日本の聖域』大嘗祭への疑問(政治の怠慢と皇室の危機感)2(ネットより画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)





この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR

イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ