メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

じいやんの日記

世界自然遺産の登録 

2021年05月11日 ナビトモブログ記事
テーマ:日記

世界自然遺産に推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、勧告が発表された、勧告されたら、その登録されるのが慣例なので日本は5つ目になります。

現在の4地区は・・・・
知床(平成17年7月)
白神山地(平成5年12月)
小笠原諸島(平成23年6月)
屋久島(平成5年12月)

私が実際に行けたのは、知床だけで、あとは残念ながらです。
いけないまたは行ってない理由は・・・
ほとんどの地域の9割以上が国有林野で、森林生態系保護地域なので、勝手には入れません。
広大な広さの何を見たら、行ったのか?と言う問題もあります。
知床は、陸地を歩いたり、船で海から見学したりしたので、行ったと勝手に言ってますが・・・・!


世界文化遺産は多登録されており、自然遺産と少し混同されますので、紹介します。
私が行ったことがあるのは、ほぼ14か所です。(まあまあかな)

世界文化遺産(18地域)
富士山−信仰の対象と芸術の源泉(平成25年6月)
姫路城(平成5年)
法隆寺地域の仏教建造物(平成5年)
古都京都の文化財(平成6年)
白川郷・五箇山の合掌造り集落(平成7年)
原爆ドーム(平成8年)
厳島神社(平成8年)
古都奈良の文化財(平成10年)
日光の社寺(平成11年)
琉球王国のグスク及び関連遺産群(平成12年)
紀伊山地の霊場と参詣道(平成16年)
石見銀山遺跡とその文化的景観(平成19年)
平泉ー仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群−(平成23年)
富岡製糸場と絹産業遺産群(平成26年)
明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(平成27年)
ル・コルビュジエの建築作品−近代建築運動への顕著な貢献−(平成28年)
「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺跡群(平成29年)
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(平成30年)


余談ですが、ル・コルビュジエの建築作品は、日本に一つあります・・・・

近代建築の巨匠ル・コルビュジエが設計した、7カ国17の作品が世界遺産に登録されており、その中に日本が推薦した東京・上野公園の国立西洋美術館本館が含まれているというもので、すべてが日本にあるのではありません。

平和な話題です。



拍手する


コメントをするにはログインが必要です

PR





イベント企画大募集
女子部

上部へ