メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

『独白』15(生きることを考える) 

2020年10月18日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



?『独白』 ☆宗教家が告白した生々しい恋愛観、結婚観を記載 ☆人間が人間に贈りうるもののうち *人間が心情の奥底で自分 自身に語ったもの *「独白」は、友人への心おきない贈り物 ☆「独白」では、民衆の個性や欲望を肯定 ☆「独白」は、人間性回復のエネルギーとなった ☆著者、フリードリヒ・シュライエルマッハー?『独白』著者、シュライエルマッハーのプロフィール ☆シュライエルマッハーが書いた哲学的エッセー『独白』 ☆親友の文学者が書いた、スキャンダラスな恋愛小説『ルツインデ』 *激しい批判にさらされた友の弁護のために「独白」を書いた *友情、恋愛、結婚などについての彼の「宗教的直感」を綴った *「省察」「吟味」「世界観」「展望」「青年と老年」の5章 ☆友人に出した手紙のように、親密性のある文体で描かれている ☆ドイツ観念論を庶民に平易に読ませた最初の書物?『独白』の内容 ☆真に人間らしい行為を生むもの *私の内に潜む人間性についての明らかな意識である *この意識は、人間性の立派な行為以外のものを許容しない *この明らかな自覚の域に達しえない者 *ただ暗い予感に空しく引き廻されるばかりである ☆私が本当に生活し始めてから係わったすべての事柄 *私の本質に何らかの新しいものを加えた *私の内的生命を養う何らかの力をも与えた ☆未来といっても過去と同じもの *私と明らかに私の眼前に見ている ☆著者は、直裁的な恋愛観、結婚観までも吐露している *私は、私が終生最も親密に和合しうる女性を無意識に知っている *われわれがやがて送るであろう美しい生活 *私はすでにそこに住みついているのである?宗教者の人間としての生々しい「独白」 ☆ドイツ市民にとって衝撃的な内容だった ☆モノローグで真理を提示できることを示した ☆まさに近代小説と通底する発想である ☆教会の教義にとらわれていた当時の人々 ☆個性や欲望を肯定し、人間性を回復するエネルギーとなった                     (敬称略)?知識の向上目指し、記事を参考に自分のノートとしてブログに記載?出典内容の共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します?私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います?詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください?出典、『世界の古典』『独白』15(生きることを考える)(ネットより画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR

イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ