メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

世界はどこへ行くのか(4)(アフリカの国境線他) 

2020年09月19日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



?世界はどこへ行くのか(4)(アフリカの国境線他)?資本主義には問題がある ☆共産主義ほど生活が悪くないなら人々がどちらを選ぶのか *経済が成功しているかが大事 *経済的に、失敗した多くの民主主義の国がある *ギリシャは民主主義は経済が破綻した *民主主義だから、経済が成功するわけではない ☆国が海外に対して門戸を閉ざして衰退した事例 *歴史の中で数多く目にする ☆アジアで最も豊かな国の1つビルマ(ミャンマー) *ビルマでは、社会主義を掲げて、外国人を追い出した *ミャンマーはアジアで最も償しい国になった *外国人を追い出したのが最大の要因 ☆ガーナはアフリカで最も裕福な国の一つだった *初代大統領は、外国人を追い出した *外国企業のガーナヘの直接投資を禁止、ガーナは破産した?アフリカで中国の影響力が増す必然 ☆アフリカも変化を続けている地域 ☆今、中国はアフリカで影響力を増している *中国はアフリカ諸国の首脳を集めた会議を定期的に開催 *多くのアフリカ諸国の指導者たち、北京に集まる *中国の指導者たちもアフリカ諸国を訪問する ☆中国はアフリカで様々な経済プロジェクトを進めている *アフリカで、フランやと英国の存在感は、現在非常に低い *今は、どこでも中国人だらけだ ☆アフリカには膨大な量の天然資源がある *中国が虎視眈々と狙っている ☆未来の素晴らしい産業の1つ *アフリカを訪れる中国人観光客向けの旅行ビジネス *中国はアフリカで鉄道・港も建設している *米国・英国もアフリカに鉄道を建設していない ☆アフリカの国境線は奇妙な形で誕生 *ベルリンで会議でヨーロッパの主要国が参加した *みんなで分割しアフリカを分け合った?外国人が勝手に決めた国境線 ☆第一次世界大戦中の中東でも同じことが起きた *英国、フランス、ロシアの間でオスマン帝国の領土を分割 *秘密協定が結ばれた ☆住んでいる人たちに何のことわりもなく *勝手に国境線を引き、イラク、シリアなどと決めていった ☆現在のイラクの地域に、当時住む民族グループ *お互いを嫌い合っていたので、ばかげた行為だった ☆イラク、トルコ、シリア地域に居住するクルド人間 *問題の起源は、民族を無視した国境線にある ☆英国は同時に、「三枚舌外交」と批判された *英国の身勝手な外交は、後のパレスチナ問題にもつながる ☆アフリカ諸国は、今は独立しているが、国境は当時と同じだ *アフリカの国境は、ベルリン会議の頃からほとんど同じ *国境は、関係がない白人たちによって定められた                   (敬称略)?知識の向上目指し、記事を参考に自分のノートとしてブログに記載?出典内容の共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します?私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います?詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください?出典、『危機の時代』世界はどこへ行くのか(4)(アフリカの国境線他)(ネットより画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR

イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ