メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

中国発「新強毒性ウイルス」襲来の恐怖 

2020年08月06日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



?コロナウイルスが突然変異し日本に襲いかかる  ☆ステルス性が強い新型ウイルス日本へ上陸か??冬到来とともに本当の恐怖が ☆重症者数・死者数少なく、ウイルスは弱毒化したとの意見多い *しかし、科学的根拠はなく、本当の恐怖はこれからだ ☆問題はどのタイプのウイルスが日本を襲うかだ *新型コロナの変異は、多くの国で確認されている ☆日本にとり怖いのは、中国発の新型ウイルス *武漢でコロナと豚インフルに感染した患者も報告されてる *ダブル感染で重症化の可能性も指摘されている *日本に飛び火したら、大変なことになる?感染力を高めた豚インフルも出現 ☆中国河北省10の地域で、豚のインフルウイルスの検査をした *従来のウイルスの遺伝子が変異したタイプが見つかった *既存のインフルワクチンでは防御しにくい ☆中国人で芥川賞作家の楊逸氏 *「武漢ウイルスは生物兵器だ」と断じている *武漢ウイルスは、「舟山コウモリ」の体内から分離されたもの (人為的に舟山コウモリウイルスを改変したもの) ☆武漢ウイルス研究所「生物兵器の開発」した疑いが高い?血液を介し全身に血栓を作る ☆新型コロナウイルスも変異し、強毒化していく可能性は高い ☆武漢ウイルスは「ステルス性」が高いことも問題だ ☆武漢ウイルスが病原体が人間の体内に侵入した時 *鳴り響くはずの”警報音”を切る能力を持っている *結果として、感染者自身が知らない間に症状が進む *感染者は、ウイルスを周囲にまき散らす点が指摘されている ☆当初は肺炎ばかりが注目された新型コロナ *血液を介して全身病で体の至るところに血栓を作る ☆血栓がより多く作られると *脳梗塞や心筋梗塞、下肢静脈瘤などが頻発する *又血管性認知症の増加も指摘されている ☆インフルエンザウイルスの遺伝子がRNA(リボ核酸) *RNAウイルスは、突然変異を起こしやすい *「強毒性ウイルス」はいま迫っている                (敬称略)?知識の向上を目標に、記事を参考にし自分のノートとしブログへ記載?出典の知識の共有・購読・視聴に繋がればと思いブログで紹介 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します?私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います?詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください?出典、『THEMIS8月号』中国発「新強毒性ウイルス」襲来の恐怖(『THEMIS8月号』記事より画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR

イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ