メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

一触即発2(台湾&香港) 

2020年08月06日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



一触即発2(台湾&香港)?今日の香港は明日の台湾 ☆台湾では、中国と経済関係を強めたほうがいいとの声もある *国民党の支持率が高まっていた *香港を見て、中国と距離を置く蔡英文の支持率が高まった *香港情勢が台湾総統選に影響した ☆中国の習近平国家主席 *台湾に「一国二制度」での統一を提案 *「ー国二制度」とは、中国も台湾もひとつの中国になる *政治や経済体制は別々の構想 ☆モデルは香港だが、香港はいま民主主義の危機にある ☆選挙あ風向きが変わった理由 *米中貿場戦争で、米企業は輸入先を中国から台湾など切り替えた *台湾企業の対米輸出が伸びた ☆トランプ政権、台湾に戦車やミサイルを売却することを決めた?香港は「特別行政区」 ☆「Do you hear the People Sing?」 *香港では、デモ隊が、「レミゼラブル』の劇中歌を大合唱 *歌のタイトルは「戦え、それが自由への道」と呼びかける歌 *香港の「雨傘運動」でも歌われていた ☆香港で抗議行動 *「逃亡犯条例改正案」に対する抗議活動から民主化運動に発展 ☆台湾で香港人が、恋人を殺し、香港に逃げ帰る事件が起きた *台湾はこの男を国際指名手配した *香港と台湾の間では「犯罪人引き渡し協定」が結ばれてない *香港行政府は「逃亡犯条例」改正案を議会に提出する *改正案で、引き渡し先の対象に中国が追加された (犯罪の容疑者を香港から中国本土に送還できる) ☆香港で中国を批判する本を売っていた書店の店主 *突然、消息を絶つという事件が以前起きた *店主は、拉致され中国で取り調べを受けていた *店主は台湾に亡命し、書店営業を再開した ☆逃亡犯条例の改正案が通ると *拉致しなくても堂々と中国へ連れて行ける ☆香港への「一国二制度」の適用は2047年まで *それ以降、香港は完全に中国に併合される?イギリスは香港島を返還しなくてもよかった? ☆香港は、236の島々と九龍半島、新界の3つの地区 *アヘン戦争で香港は、150年以上イギリスの植民地となる ☆「香港は99年間の租借」と思っている人多い *実際は、香港島と九龍半島は割譲で、永久にイギリスのもの *イギリスの支配時、言論の自由が認められ経済も発展した ☆99年の返還期限が迫った時期、香港返還の協議を始める *イギリスとしては新界だけを返せばよかった *ケ小平「全部返せ」と言い、サッチヤー首相は妥協を追られた ☆香港島は、水不足で、新界から送られる水に頼っていた *新界を返した後、水道をしめられたら生活が成り立たない *結果、新界の期限切れで、全てを返還することにした                      (敬称略)知識の向上目指し、記事を参考に自分のノートとしてブログに記載出典内容の共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください出典、『世界の大問題U』一触即発2(台湾&香港)(『世界の大問題U』記事、ネットより画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR

イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ