メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

空港の「抜け穴」早急に検証を 

2020年01月20日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



ゴーン被告が出国に使ったプライベートジェット機の専用施設の入り口

 ☆ゴーン被告プライベートジェット(PJ)で出国した
 *ゴーン被告、箱に隠れて逃げ、関空は「ゴーンを取り逃がした空港」の汚名を着せられた
 ☆米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は報道する
 *事前に、ゴーン被告を手助けしたチームが少なくとも日本の10空港を下見
 *警備上の「大きな穴」があると判断した関空を脱出ルートとして選んだのでは?

関空の「穴」とは
 ☆PJ専用施設を備える成田、羽田、中部国際の各空港の実情は判然としていない
 ☆保安検査は、乗客の安全のため航空会社や機長の判断で実施される
 *PJ専用施設では省略されることが多い
 ☆各空港のPJ専用施設で防犯上異なる点
 *関空、成田、羽田の専用施設は通常の旅客ターミナルに隣接している
 *中部空港の場合は一般客が立ち入れない「制限区域」にある
 (入には空港スタッフの立ち会いや車両登録が必要)
 *ゴーン被告が中部空港を選択肢から外したことは想像できる
保安検査の次の税関でなぜ止めなかったのか?
 ☆エックス線検査や荷物を開ける検査を乗客が拒否した場合でも
 *搬出を止める権限が税関にはある
 ☆関係者はコメントする
 *「人手が足りず、すべての荷物を検査しているわけではない」と
 *このあたりが、関空の「大きな穴」なのかも
 ☆逃亡を許しては、「人手不足」は何の言い訳にもならない
ゴーン被告逃亡を許した問題点
 ☆政府や各空港はPJの受け入れを積極的に進めている
 ☆税関や出入国審査などの国家主権を担う現場が追い付いていないのでは
 ☆空港でも、しっかり検証して「穴」をふさぎ、出入国管理体制の整備を急ぐべき
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典内容の知識共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介しました
 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します
私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います
詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください
出典、『産経新聞』


空港の「抜け穴」早急に検証を(『産経新聞』記事より画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR

イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ