メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

大腸がん新技術で早期発見、治療進む 

2019年10月30日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



大腸がん新技術で早期発見、治療進む

 ☆採血でわかる「マイクロRNA」研究や人工知能による内視鏡支援ソフトなど
 ☆斎藤医師はコメントする
 *大腸内視鏡検査の重要性を広めることも大切だ
 *大腸内視鏡の意義を知らない医師も多い
 *大腸がんを食い止めるには、一般の人も検査内容の重要性を知ることが必要

内視鏡検査でがんの芽を摘む
 ☆新たな技術が急速に進展している
 *大腸がんでは採血でわかる「マイクロRNA」の研究
 *人工知能による内視鏡診断支援ソフトの開発など
 ☆大腸がんの克服は、早期発見、早期治療がカギとなる
 ☆国内のがん患者数は超高齢社会を受けて増加傾向
 *年間に診断される人が最も多い「大腸がん」
 ☆「早期がん」なら、5年生存率は約98%
 ☆米国では、50〜75歳の約70%が大腸内視鏡検査を受けている
 *米国では、大腸がんの罹患率・死亡率が右肩下がりで減少
 ☆日本での厚労省の大腸がん検診指針
 *40歳以上を対象に、年に1回、問診と便潜血検査の実施
 *便潜血検査で陽性となった場合に大腸内視鏡検査を受ける仕組み
 *胃の内視鏡検査でのポリープは、基本的にがんとは無関係の場合多い
 *大腸のポリープは、大腸がんとの関係が深いものがある
 *ポリープに大腸がんの前がん病変というがんの芽が混じっている場合
 *それを切除すると大腸がんの発症リスクが下がる
早期がんや前がん病変逃すな
 ☆現在は、便潜血検査が陽性でも、大腸内視鏡検査を受ける人は約60%
 ☆陽性で大腸がんと診断される人は2〜3%
 ☆陽性イコ―ル大腸がんとはいえない
 ☆内視鏡検査を受けないケース
 *早期の大腸がんや前がん病変を放置してしまう危険性がある
ポリープのリスクも診断可能ヘ
 ☆大腸がんは粘膜に突起しているとは限らない
 *平坦型や陥凹型のように診断しづらい病巣もある
 *指導医や専門医以外の医師でも見逃さない対策が必要
 (AIに学習させたソフト開発を近い将来実用化される予定)
 ☆斎藤医師は、コメントする
 *理想的には50歳を超えたら1回は大腸内視鏡検査を受ける
 *ご自身のリスクを知るのが必要
 *大腸がんリスクが高い人は、検査を受けた方が無難
 (特に親族に大腸がん患者がいる人や肥満などある人)
 ☆大腸内視鏡検査を受けてリスクが低い場合
 *5年後に再検査するぐらいで、毎年大腸内視鏡検査を受ける必要ない
 *不必要な検査や治療を減らすことにもつながる
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典内容の知識共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介しました
 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します
私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います
詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください
出典、『THEMIS10月号』


大腸がん新技術で早期発見、治療進む
(『THEMIS10月号』記事より画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR

イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ