メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

『姉さん女房』を求める男たちの本心暴く 

2019年10月27日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



スポーツ選手や政治家のストレスを癒す一方で年下男性を求め「腟整形」まで

 ☆最近結婚した小泉進次郎氏(大臣)も荻野公介氏(水泳選手)も『姉さん女房』
 ☆出産のリミットがない男性には結婚への焦りが少ない
 ☆婚活市場では、年下男性を巡る女性同士の激しい争奪戦が繰り広げられてる
 *アラフォー女性を中心にさまざまな美容法が流行っている
 *最近は「腟整形」で男性に若さをアピールする女性が急増
 ☆若い男性をゲットしたい女性には、”体の相性”も武器になる
 *腟にヒアルロン酸を注入して密着度を高める
 ☆「モナリザタッチ」で若返りへ
 *腟専用のレーザー若返り治療&”処女膜再生手術”
 ☆「姉さん女房」が急増の背景に、年下男性を求める女性の凄絶な努力がある

「先生と生徒」に似た信頼関係
 ☆小泉進次郎衆院議員(38歳)が女子アナの滝川クリステルさん(41歳)との電撃結婚
 ☆進次郎氏”授かり婚”を公表し、「年の差婚」で、”姉さん女房”です
 ☆女好きだった田中元首相を陰で支えたのは8歳年上のはな夫人
 ☆昔から年上女房は”金のわらじを履いてでも探せ”という
 *進次郎氏は、今回の内閣改造で彼が環境相に入閣した
 *結婚と無関係ではないという意見もある
 ☆”姉さん女房”の傾向はいまや永田町だけでない
 *姉さん女房を求める男性が明らかに増えている
 *最近結婚した芸能界やスポーツ界でも、女性が年上のケースは多い
 (元宝塚女優の遼河はるひさんがJリーガーの男性と結婚)
 (水泳の萩野公介選手が歌手のMIWAさんと結婚)
 (自民党の三原じゅん子参院議員が、元公設秘書と結婚)
 ☆フランスのマクロン大統領が、25歳年上の夫人と結婚
 ☆結婚問題を研究する大学教授は語る
 *妻が年上の場合、単なる夫婦を超えている
 *先生と生徒、先輩と後輩といった信頼関係ができやすい
優しく「甘え上手」でイチコロ
 ☆一流のスポーツ選手や政治家は大衆の目に晒され、ストレスが多い
 ☆ストレスを癒してくれるのは年上の女性であり、同世代や年下には無理
 ☆元メジャーリーガーのイチローも、妻の弓子さんは8歳年上
 *「一流選手ほど、姉さん女房を選ぶ」といわれる
 ☆女性側の視点で見ると
 *年下男性との結婚を目指す人が増えたことはたしか
 ☆夫婦問題研究家、岡野あつこ氏が語る
 *男性の失敗を女性が受け入れてくれる
 *重要なのは、女性が優しいだけでなく甘え上手であること
 *両方できるから”姉さん女房”のケース増える
 ☆年上女性との結婚が増えているその他の理由
 *「結婚適齢期の女性が圧倒的に足りない」こと
 *全国の未婚男女がすべて結婚した場合
 *男性が300万人余る状況である
 ☆年上の女性は話題の引き出しが多く経験も多い
 *「男性が喜ぶツボを知っている」ことが強み
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典内容の知識共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介しました
 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します
私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います
詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください
出典、『THEMIS10月号』


『姉さん女房』を求める男たちの本心暴く
(『THEMIS10月号』記事より画像引用)

>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR

イベント企画大募集
女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ