メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

世界を実効支配する「フリーメイソン」の正体(5) 

2019年08月14日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



世界支配を目指して暗躍、”メイソンの親玉”ロックフェラー財閥

 ☆現代アメリカのフリーメイソンの象徴
 *”陰の世界政府”の主導者とされる「ロックフェラー財閥」
 ☆ロックフェラー財閥は外交問題を分析・討論する会員制組織
 *「外交問題評議会(CER)に巨額の資金を提供
 *CERから輩出される人員、5,000人以上
 (歴代アメリカ政府の要職につく)
 *CER自体が表舞台に出ることはない
 ☆マスメディアのトツプの多くもフリーメイソンなので、情報操作がしやすい
 ☆「国連」も、このCERの提言によって創設された
 ☆現当主デビッド・ロツクフエラー氏
 *日本・北米・欧州の指導者を集めた三極委員会(TC)を設立
 *これを足がかりに、統一政府による世界支配を目指して暗躍している

世界が驚嘆した総資産額
 ☆ネルソン・ロックフェラーが副大統領に指名された
 *資産調査で、ロックフェラー家の財産が初めて開示された
 *金額は6,400億ドル(アメリカ国民総生産の半分以上)
 ☆ロックフェラー財閥の財政の力
 *世界中が1年間に生み出す2,000兆円の富
 *その富の、200兆円(10%)を自由にすることが可能
 *その富で、ロツクフェラー1家が「陰の政府」として君臨している
 ☆彼らの出自は、戦前はユダヤ人、戦後はワスプとされている

”フリーメイソンの教皇”が予言した「3つの世界大戦」

 ☆19世紀後半、”フリーメイソンの教皇”アルバート・パイクの予言
 *今後起こる3つの世界大戦
 *メイソンの計画の一環としてプログラミングされたものだと書かれていた
 ☆歴史はパイクの書簡に記された通りに展開している

サラエボ事件、パレスチナ問題のバイクの予言
 ☆第1次世界大戦(バイクの予言)
 *オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子夫妻がサラエボを視察中起きた事件
 *セルビア人の青年によって暗殺されたことをきつかけに勃発した
 *この事件、フリーメイソンによって引き起こされたものだったという
 *サラエボ裁判で、暗殺者一味らが、フリーメイソンであることを自白
 *セルビアのフリーメイソンにより、暗殺計画がつくられたことまで暴露した
 *これは、パイクが手紙をしたためてから、43年後の事件
 *43年も前に、第1次世界大戦は仕組まれていた
 ☆第2次世界大戦(バイクの予言)
 *ファシストと政治的シオニストとの対立を利用して引き起こされる
 *戦争でフアシズムは崩壊する
 *政治的シオニズムは増強し、パレスチナにイスラエル国家が建設される
 *パイクの予言通り、パレスチナにユダヤ人の国、イスラエルが誕生する
 ☆第3次世界大戦(バイクの予言)
 *シオニストとアラブ人との間で起こる
 *イルミナティのエージェントによって引き起こされる
 *紛争が世界的に拡大し、大衆はキリスト教に幻減する
 *人々は、ルシフアー(『新約聖書』に記された堕天使)に心酔する
 *第3次世界大戦、今後起こる戦争を予言しているのでは
欧州統合は、多世界政府樹立の布石
 ☆EU(欧州連合)も、メイソンが関与しているとされている
 ☆ヨーロッパを統合する構想を初めて提唱し人もメイソンの幹部
 *世界をアメリカ、ヨーロッパ、イギリス、ソ連、アジアの各ブロックに分けた、
 *「世界政府樹立」の実現を理想に掲げていた
 *EUは、ヨーロツパをアメリカのような「合衆国」にしようと目論んだ
 ☆自らの理想と正義に基づき、国や社会を自分たちの色に塗り替えようとする
 ☆”正義”が多くの人々の意図しないことなら、一種のテロ行為である
 ☆我々は、世界に”フリーメイソン”が存在することをまずは認識しておくのが必要
 ☆そうすることしか身を守る術がないのかも
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典内容の知識共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介しました
 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します
私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います
詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください
出典、眠れないほど面白い『秘密結社の謎』


”フリーメイソンの教皇”が予言した「3つの世界大戦」他
(『秘密結社の謎』記事より画像引用)


>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR





20th

女子部

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ