メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

慶喜

ファーウェイ「巨大スパイ網」で世界制す 

2019年03月14日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し



副会長逮捕めぐり米中の対立続くが中国の狡猾な情報奪取が露に

 ☆安倍政権、政府調達品から中国製品(ファーウエイ他)を排除する方針を固めた
 *民間企業には規制をかけていない
 ☆台湾や日本の製品から機密が漏洩する危険すらある
 ☆日本には「スパイ防止法」がない
 *諜報活動は野放しで、デジタルデータを盗まれても犯罪として取り締まりにくい
 ☆米国でも、中国が世界のEMS工場である限り
 *中国共産党の機密情報盗用を阻止できない
 ☆副会長を巡り、身柄引き渡しを求める米国、報復で自国民を拘束されたカナダ
 ☆放免を要求する中国の角逐は予断を許さない

ファーウエイただのスマホメーカーではない
 ☆米国による”ファーウエイ潰し”の動きが拡大してきた
 ☆ファーウェイは、全世界に約18万人の従業員を抱える
 ☆スマートフォン出荷量では、サムスンに次ぐ世界第2位のシェアを占めている
 ☆大手企業のネットワーク技術者は語る
 *ファーウェイはルーターの技術を米国から盗んで成り上がった会社
 *ルーターに、情報盗用目的で不正なチップやソフトウェアを組み込まれる場合
 (見つけ出すことは極めて難しい)
 ☆ファーウェイには、ルーターを通過する通信データを根こそぎ盗んでいる疑いがある
 *パソコンにコンピュータウィルスを仕込んだり、ハッキングするまでもない
 *ファーウェイはあらゆる情報が盗み放題なのだ
日本にもスパイネットワークが
 ☆IT企業を経営する専門家語る
 *ファーウェイは単なる通信スパイ企業ではない
 *中国共産党政府肝いりの”巨大スパイ企業”だと告発する
 ☆米国がそこまでファーウエイを警戒する背景には何があるのか
 *中国は人的ネットワークと通信ネットワークの双方で情報を吸い上げる
 *そして、集約して活用する能力に長けている
 *中国の「超限戦」には平時と有事の区別がない
 *軍事力行使による通常戦のほか様々な戦い方をする
 *ファーウェイは、諜報戦やネットワーク戦、経済戦、対人工作などを担っている
 ☆ポーランドで、ファーウェイ現地法人の幹部が諜報活動を行っていたとして逮捕された
 ☆米国は中国が掲げる産業政策「中国製造2025」に警戒を強めている
 *10品目の重点分野の中でも目玉は、次世代重点技術(半導体、「5G」)である
 ☆米国政府からの圧力があったのか日本政府の指針を受けて、
 *ソフトバンクとNTTドコモ、KDDIの携帯電話大手3社
 *5Gの基地局にファーウェイ製品を使わないと発表した
 ☆携帯基地局の中核装置である無線機でファーウェイを排除する
 ☆しかし、電源ユニットはファーウェイ製で通信傍受される可能性があるという
台湾の秘密結社と繋がりあり
 ☆米国政府がファーウェイ排除に本腰を入れ世界各国が呼応する理由
 *知的財産権が侵害されているから
 ☆日本からは特に半導体技術が流出したとみられる。
 ☆ファーウェイ本体だけを排除しても、機密情報の流出は防げない
 ☆台湾ルートからの流出も要警戒
 *ファーウェイは、台湾の半導体シンジケート『チンバン』と繋がりが深い
 *チンバンは、大陸から来た外省人によって組織されている
 *かつては阿片、売春、兵器売買、諜報活動が主な収入源
 *チンバンが今、台湾エレクトロニクス業界を牛耳っている
 ☆日本ブランド製品の 情報流出に歯止めが利かない
 *基盤にファーウェイやチンバン配下のメーカーのスパイチップを埋め込まれると
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
出典内容の知識共有、出典の購読、視聴に繋がればと思いブログで紹介しました
 ☆記事内容ご指摘あれば、訂正・削除します
私の知識不足の為、記述に誤り不明点あると思います
詳細は、出典記事・番組・画像で確認ください
出典、『THEMIS3月』


副会長逮捕めぐり米中の対立続くが中国の狡猾な情報奪取が露に
(『THEMIS3月』記事より画像引用)





>>元の記事・続きはこちら(外部のサイトに移動します)




この記事はナビトモではコメントを受け付けておりません

PR



20th

女子部



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ